【最新暗号通貨取引所】概要と紹介活動(アフィリエイト)の方法

※現在当初のオープン予定が大幅に遅れております。続報もないため入金・取引など今後ご注意ください。(10月28日追記)

先日、都内某所でセミナーが開催されて多くの方の目に触れることになりました、

「これまでにない”最新暗号通貨取引所”」。

LINEで先行情報を配信しましたので、すでに私を通じて仮登録いただいた方もみえます。

ありがとうございます。

そして、その際に私が作成した「誰でも転用できる紹介文サンプル」をお送り致しました。

ちなみにこの「紹介文サンプル」はLINEなどの文章媒体を想定してはいますが、内容さえ納得できていれば通常の会話でもエッセンスを使ってもらえば良い内容になっていると思います。

暗号通貨に興味ある知人と会話の流れで、

「面白い情報があるからあとでLINEするから見てな!」

で十分の内容になっています。

もちろん転用してもらっても構いませんし、内容をご自分で所感を修正変更してもらって全然構いません。

しかし、ちょっと待ってください!

やみくもにまったく知り合いでもない方に、もしくはご興味の無い方に、そのまま「紹介文サンプル」を送っても決して登録はしてくれません。

例え、「仮」登録でもです。

今回の記事では、「新取引所の概要」と私の考える「紹介活動(アフィリエイト)の方法」を簡単に紹介したいと思います。

最新暗号通貨取引所の概要

まずは概要を簡単におさらいしますね。

10月1日のスタート予定で現在仮登録が始まっています。

これまでの国内取引所(「コインチェックさん」や「ビットフライヤーさん」)と、海外取引所(「ポロニエックス」や「ビットレックス」)の良いところを凝縮した特徴を持っています。

こちらの動画で、詳細をぜひご自分の目で確認してみてください。

それでは私の所感も含め、簡単に紹介していきますね。

これまでの国内取引所のデメリット

  • 売買手数料が高額である
  • 取り扱うアルトコインの数が少ない

現在多くの方が国内取引所で暗号通貨を売買されていると思いますが、上記の2点がデメリットです。

海外取引所をご存知ない方には分からないことですが、やはり日本国内限定のサービスは高いんですかね?

中には、海外取引所から暗号通貨を仕入れる国内取引所もありますので、仕方がないことかもしれません。

ただ、逆に一番のメリットは「日本語が通じる」点につきます。

万が一のことがあった場合でも日本語で問い合わせできると言うのが、多くの日本人にとって唯一のメリットであり、安心感につながっていると思います。

要は、高額な手数料を支払って安心を買っている状態です。

ちなみに私もその一人です。

これまでの海外取引所のデメリット

  • 当然ですが日本語対応していない。対応が不安。

国内取引所とは反対に、売買手数料が割安で取り扱うアルトコインも多いのがメリットです。

しかし、海外であるがゆえに英語での問い合わせが必要になります。

しかも海外時間と言いますか、対応の早さについては疑問視がつきます。

日本国内でのサービスのように迅速丁寧な対応を受けることができるのか?と言えば、はっきり言って難しいのではないでしょうか?

例えばですが、

「二段階認証の設定を忘れた」
「注文が約定されない、バグなのか?おかしい」
「出金が遅い、できない」

などの場合、あなたは海外取引所相手にこちらの事情を英語でしっかり伝える自信がありますか?

Google翻訳で簡単に英語の文章を作成できる時代ですが、私ははっきり言って「自信がありません」し「絶対めんどくさい」と思いますので、自分にとっての少額しか運用していません。

最新暗号通貨取引所のメリット

動画をご覧頂ければ分かると思いますので、簡単に箇条書きで紹介します。

  • 日本語対応
  • 取り扱うアルトコインが多い
  • 手数料が割安(0.25%)
  • 口座開設、維持費用は他取引所と同じ無料
  • デビットカードも発行

以上の他にも、こちらの最新暗号通貨取引所ならではのメリットが動画で説明されています。

「アービ」とか「AI」とかってお好きですか?

詳細は動画を見てみてください。

そして、さらに見逃せないのが「アフィリエイト」です。

最大2ティア導入でアフィリエイト報酬が入る仕組みになっています。

しかも、そのアフィリエイト報酬は手数料が報酬源となっているため、決して無理なシステムではないと私は考えています。

手数料0.25%に報酬率でアフィリエイト報酬の額になります。

決して過大な表現の報酬率ではないと思います。

バイナリーシステムや階層の深い報酬体系より、今のところはよほど安心しています。

最新暗号通貨取引所のリスク

ただ、一番のデメリット、私の気になる最新暗号通貨取引所のリスクと言えば、

  • 運営実績の浅い信用性
  • これからスタートのためシステムやサーバーの不安
  • そもそも、こちらの素晴らしい情報自体本当なのか?

ではないかと言うことです。

なぜ、ここまで心配するのか?

今までさんざんHYIPハイプを見てきたせいでマヒしているからかもしれません。

しかし、こちらは10月1日のスタートと言うことで運営後の様子を見ればおのずと分かることだと思っています。

だからこそ、逆に仮登録でアフィリエイトする権利を先に押さえて紹介を行うべきだと考えました。

仮登録だけなら限りなくリスクが少ないからです。

まずは小額から資金を運用するか様子見でも良いと思います。

動画で説明されているメリットがスタート後実行されているかを確認することで、リスクを限りなくなくすことができます。

そこは各自で動画を見定めてください。

私は現在はメリットの方が多いと判断し、仮登録も済ませ大事な方にも紹介しています。

紹介活動(アフィリエイト)のポイント

記事の冒頭でもお伝えしましたが、今回こちらの最新暗号通貨取引所についてあなたが大事な方に紹介するための「紹介文サンプル」を用意しました。

ここでまずは「紹介文サンプル」をもっと活用できるポイントを説明していきます。

「言われてみればそうかも。。」と言う内容ですので、ご参考にしてみてください。

すでにお知り合い。または暗号通貨に興味ある方への紹介ポイント

この場合、すでにあなたと人間関係のある方への紹介ですので、そのまま「紹介文サンプル」を送れば問題ないでしょう。

例えば、私からあなたに送った際に、その「紹介文サンプル」があなたにもそのまま使える内容であることは分かったと思います。

「この通り仮登録して、同じように紹介すれば良いんだな」

と思う内容にしたつもりです。

ですから、そのままで問題ありません。

質問があった際に補足で応えていけば良いからです。

それでも仮登録をされない、興味がないと言うなら深追いするのはやめましょう。

あくまで大事な知人ですし、こちらは「良い情報」と思って紹介しているのですから、仮に興味を持たれない場合ははっきり言って仕方ありません。

「また儲かったら教えるね」くらいで良いと思います。

スタート後利益が出た時にまた情報をお伝えすれば良いでしょうね。

初めての方への紹介ポイント

そもそも「初めての方」へ「紹介文サンプルを送る」シチュエーションなどそうそうあるものではないですが。。

言いかえればひさしぶりの方への紹介と言えば良いでしょうか。

この場合は、そのまま「紹介文サンプル」を送るのはNGです。

はっきり言いまして「紹介文サンプル」は長文ですので、いきなり送られた方にとってその文章は苦痛です。

文章を送られた相手は「売り込まれている」と警戒し、まったく関心を寄せないことと思います。

その際はほんの一言だけ問いかけてその反応を確認しましょう。

「今度新しい暗号通貨の取引所の情報があるんですけど、見てみます?」
「先日暗号通貨のセミナーで良い情報が入ったけど、興味ある?」
「ひさしぶり!この前おまえ仮想通貨買いたいって言ってたよね?面白い取引所あるよ?」
「良い情報入ったけど送っていい?」

など、何でも良いです。

まずは、その相手が興味を示すように一言話しかけましょう。

その上で「何?教えて」的な反応があれば、私の「紹介文サンプル」を送れば良いだけです。

動画もありますしそれで相手は判断してくれますので、深追いすることなく紹介を終えましょう。

決して押し売りする必要はないですし、現時点で今回の最新暗号通貨取引所の内容は素晴らしいものですので、興味がないと言う相手に何度も紹介をしつこくする必要はありません。

掲示板やLINEグループでの紹介ポイント

この場合の掲示板やLINEグループは、宣伝板だけでなくHYIPハイプや案件、投資に関するものを想定しています。

こちらは私見ですが、「紹介文サンプル」を掲載することはあまりおすすめできません。

理由は、そもそも「他案件紹介禁止」のグループも多いということと、「こういった暗号通貨関連の情報」に嫌悪感を抱く方もいるからです。

「また怪しい情報か」と逆に反感を持つ方も多いからです。

むしろ、この文章を多くの方の目に晒すことで、コピペであちらこちらで乱用されるのが目に見えています。

乱用されればされるほど、「どこかで見たな」と反響につながりません。

ですから、できる限りはこういった掲示板やLINEグループで「紹介文サンプル」全文を掲載することは避けた方が無難です。

ただ、こういったLINEグループでどうしても紹介したい場合は、

「新しい暗号通貨取引所興味ある?」
「このグループでは言えない情報がありますよ?」

的な一言だけで、後は「個別でLINEください」のようにすると良いでしょう。

あくまで興味を示す方だけに情報を提供することにとどめてください。

紹介文サンプルの一人称や語尾について

今回の「紹介文サンプル」ですが、私は一人称を「私」にしてこのブログと同じ若干硬い口調で作成しました。

語尾も「いたします」的な感じです。

ただ、私の「紹介文サンプル」をご覧いただいた方は、その文章を使ってご自分でも紹介できる意図が分かる内容にしたつもりです。

ですので、抵抗感なくその文章を読み、仮登録されたこと方も多数います。

しかし、知人とのLINEやメールでのやり取りの中で、「僕」と言ってるのに急に「私」、「ですます」が急に「ございます」では違和感がありますよね?

もし、お時間に余裕があるなら一人称や語尾をあなたに合わせて変更だけでもしてください。

あなたと言う呼びかけについて

今回の「紹介文サンプル」ですが、あえてお名前でなく「あなた」と呼びかけています。

このブログの記事でも私は「あなた」を使っています。

しかし、LINEなどの文章で「あなた」と呼びかけられる経験ってこれまでありますか?

LINEのやりとりは一般的に電話番号を知っている方が対象ですから、LINEの文章で「あなた」と呼びかけることはないですよね?

もちろん、話の流れからあえて「あなた」と言う単語を使っている意図は分かる内容です。

しかし、だからこそそのまま「あなた」のままでは違和感を抱く方もいると言うことです。

「紹介文サンプル」をお送りする相手によって、「あなた」を「相手のお名前」にすると言うことも検討してみてください。

失敗談経験談所感について

最後に「紹介文サンプル」では、私がこれまで感じた国内取引所のデメリットや海外取引所のデメリット、なぜ今回の最新暗号通貨取引所に興味を持ったか?など個人的な所感を記載しました。

しかし、あなたは「海外取引所」を使ったことはないかもしれませんし、これまでアルトコインを購入されたことがないかもしれません。

もし昨日までその相手と「暗号通貨って何?美味しいの?」って会話してるあなたが、今日「すげー取引所あるZE」では違和感がありますよね?

当然あなたが「紹介文サンプル」を送信する相手も、あなたのその状況を知っていることでしょう。

「こいつコピペだけで知らないな?」と。

ですから、私の「紹介文サンプル」に記載した私の所感を、あなたがこれまで感じた所感に変更することも検討してみてください。

まとめ

今回の記事をご覧頂きまして、もし最新暗号通貨取引所にご関心がある場合お気軽に私に問い合わせください。

仮登録だけはまず済ませてしまいましょう。

おまけ的に、紹介活動用の「紹介文サンプル」をご案内致します。

仮登録は簡単です。

LINEで「最新暗号通貨取引所」とお申し付けください。

早急に返信をいたします。

ただし、紹介するにしても「お知り合いや知人」に紹介するのと、「まったく初めての人」に紹介するのでは、そのアプローチはまったく異なるものになります。

くれぐれも初めての方に、「紹介文サンプル」を全文いきなり見せてしまうことは避けてください。

と言いますのは私の本業の営業でも、初回の面談でお客さんに全部情報を提供することを「初めてのデートでいきなりパンツを脱ぐ」と呼んでいます。

全て身をさらしてしまうと言うことです。

女性からしたらいきなりパンツ脱がれたら困ってしまうと思います。

と言いますか引くと思います。

初めてで全情報をいきなり公開すると言うことは、そういうことになってしまうんです。

ついつい新人営業マンはやってしまいますが、初回で出しつくして次につなぐ情報のない終わってしまうパターンです。

小出し小出しで次へ次へつないでいくと言うことが基本です。

ただ、今回の取引所について言えば、あまり気構えずにこの記事の通りやってみるのが一番簡単だと思います。

 

ちな補足

ただ、今回の記事のようにブログで説明する場合には全力で情報を掲載する方が良いです。

なぜなら、中途半端な情報では検索して他のブログ記事に行ってしまうからです。

と言うことは自分のブログでは仮登録される魅力がなかったと言うことになります><

私のブログを見て「情報がない」と思われたら、すぐ検索して他のブログで仮登録されてしまうと思います。

さみしいですよね~そうなったら。

他の野郎にパンツを脱がれるわけですから。

ですから、ブログでの紹介と今回の記事のようなLINEやプライベートでの紹介は、まったく別のものと言う認識で間違いありません。

ブログでの紹介記事は「いきなりパンツを脱ぐ」勢いでないとダメですよ!


リアル投資案件

あなたはこの案件の収益性をご覧になり驚かれるかもしれません。

「また怪しい海外HYIPか?」

決してそうではありません。むしろ運営者とそのスキームを顔を合わせて実証致します。